幻城之館

当サイトでの転載事件について

はじめに

このページは、私、夢幻光月が2005年3月16日に知った、当サイト「幻城之館」のイラスト転載事件についてのページです。この事件は、私の全てに大きな影響を与え、2006年2月の現在でもなおも尾を引いています。
当時私の感じた思い、そして実際にあったことを、できるだけ多くの方に伝えたいと思い、元々旧幻城之館にあったこのページを移動・再編集しました。
これを機会に「小中学生のネット利用」と「著作権と同人活動」について考えていただければ嬉しいです。
※なお、「幻城之館」は2006年2月に改装・移転しましたが、当ページは、事件当時のページデザインとなっています。まぁ、ちょっとした怨念みたいなもんです。

転載されたイラスト(当時のページをほぼそのままにしてあります)

事件の始まり(05/03/17にサイトにupした文章)
加害者からの反応、NAVERの対応(05/03/18にサイトにupした文章)
スクリーンキャプチャなど
送ったメール、返ってきた返信など
その後(4月その後から現在までで、この問題に関連して起こったこと)
夢幻光月の個人的な思い(長文です)
関連サイト、お世話になった方々

事件の始まり(05/03/17にサイトにupした文章)

2005年3月16日、当サイトのイラスト「D.Gray-man−1「空を舞う(リナリー)」が、転載されているとの報告を、Web拍手より頂きました。
無記名で送信されてきた拍手には、相手のサイトアドレスも記載されており、事実を確認することができました。

相手サイトはNAVERというサービスを利用して作られたブログで、たまたま制作者と同じオンラインゲームサービスを利用していた知人にプロフィールを確認して頂いたところ、小学生が作ったものでした。
ネット社会の低年齢化とはよく言いますが(そして結構問題にもなっていますが…)、流石に小学生がブログを製作しているとは(私はブログがなんなのかさえ、はっきりと掴んではいないのに…)思いませんでした。

該当するイラストは、装飾の目的で画像を三分割してあったので、万が一にも転載されるとは思いませんでしたが、相手はページソースまでコピーし、テーブルで施していた装飾もそのままに、サイトへと張り付けていました。
また、被害に遭ったのは私だけではなく、何十もの画像が無断転載され、「だめですよ」みたいな警告も成されていましたがスルーされていました。

私も相手ブログサイトの掲示板へ書き込みを行い、上述の知人よりメールでの警告もして頂くとともに(普通のメールアドレスが見つからなかったので、そのサービスに付加されている簡易メール機能を使わせて貰いました)、画像を別のものへ差し替えています。(たまたま手元にリアルな目の画像があったので使ってみました…本当はこんな使われ方されるために作ったんじゃなかったんですが)。相手方に動きがないようでしたらもう少し目に悪いものに変更しようかとも思っていますがそのあたりはまぁ適当に。

報告を頂いた瞬間は、本当に息が止まりそうになりました。実際転載されているページを見ても、どこか信じられないような気持ちです。
転載された記事のタイトルは「リナリー」、「空に舞う」という、私がイラストに付けたタイトルが表記されその下に画像、コメントはなく、他の被害者様の記事をみても、「かっこいいね〜」や「かわいい!」「きれい〜」といった、殆ど単語のみのテキストが添えられているだけでした。
防止の為には、.htacsessで外部呼び出しを禁止するか、画像ファイル名を定期的に変更するしかありませんが、呼び出し禁止にすると画像が見れなくなる人が居るという話もありますし、画像の名を定期的に変更するのははっきりいって無精な私には無理です。
どうしようかと思い悩むとともに、一生懸命描いたイラストを当然のように奪って行く相手には怒りがこみ上げてきます。

NAVERのブログサービスの方へも苦情のメールを出しました(3/17)。
転載は許せない、もっとしっかり対処してくれ、また、該当ブログの制作者のID抹消などはして欲しくない、とにかく謝ると共に再発防止に努力していただきたいという趣旨のものです。
現在、転載者本人への掲示板書き込みとメール、NAVERからの返事、ともに頂けていません。
今後も、また何かあったら追記したいと思います。

怒りが収まると悲しくなってきます。人の物を勝手に取っちゃだめくらい誰でも解りそうなものなのに…。
とりあえず、今まで書いていませんでしたがサイトトップと「案内」ページに無断禁転載と入れました。

---05/03/17(14時)

更にサイトインデックスへも無断転載禁止と入れました。
なお、転載の報告を頂いた方から、NAVERブログでの転載問題についてまとめたサイトを紹介していただきました。助かりました。有難うございます。

とりあえず掲示板の書き込み及び相手方へ送ったメールはtxt形式で保存してあります。公開しようか検討中。

NAVERブログの無断転載対処マニュアル(仮)

---05/03/17(16時)

加害者からの反応、NAVERの対応(05/03/18にサイトにupした文章)

相手掲示板に、問題のブログ作成者からの返答がありました。
しかし、やはりと言うべきか、その内容は、私の望むものとはかけ離れ、反省の色は全く見られませんでした。

そして問題の転載記事は全て削除されました。

ただしその後も転載をやめたわけではなく、他ブログからの転載機能(「スクラップ機能」)を利用して、大量のイラストをブログに掲載しています。
まぁこれはイラスト作成者がスクラップ(転載)を許可しているのかもしれませんので何とも言えませんが。

NAVERより、問い合わせメールの返信がありました。
内容は、詳細(私のサイトアドレス、転載された記事のアドレス、及び転載された画像のアドレス、他)を教えてくれというものでした。
記事がその時点で削除されていたため、記事のアドレスと、削除されるまえに撮ったスクリーンショットを添付し返信しました(正確にはウチのサイトスペースにupしてそのアドレスを記しました)。
ただ、記事が削除された今、NAVERに通報してもどうなるのか…という気持ちがありますが。まぁやれることはやっておこうの根性で。

ちなみにNAVERからのメールは、HTML形式でした。使ってあるタグは、preタグのみでしたが。
企業が苦情受け付けの回答をする媒体として、HTMLメールはどう考えてもおかしいのではないでしょうか。

また、本人に送ったメールも返ってきました。
「消しました、もうしわけありません」という内容でしたが、私がメール内で問うた、「もう二度と転載しないとサイト内で言及」については無視でした。

---05/03/18

スクリーンキャプチャなど

転載当時に撮影したスクリーンショットです。
私の絵が掲載されている状態でのSSがあればよかったのですが、SSを思いついたのが画像を差し替えてしまってからだったため、残っておりません…。
当時はまだ知識も足りなかったため、必要な箇所(記事の日付など)を隠してしまっていたりします。
なお、サムネイルをクリックすると原寸表示します。(1024×768ディスプレイなのでかなり大きいです)

全画面表示して撮ったSS(加工なし)NAVERへのメールに添付した画像1
SS1SS2
NAVERへのメールに添付した画像2
SS3

ちなみに、差し替えた画像は以下の通りです。
(人によっては拒否反応強いかもしれませんのでテキストリンクにしておきます)
一番上に掲載されていた「画像の直リンク 無断転用 一切禁止」の画像
真ん中に掲載されていた目の画像
一番下に掲載されていた「ただちに削除してください」の画像

送ったメール、返ってきた返信など

長くなるので別ページに分けてあります。
以下のリンクから飛んでください。

事件発覚後すぐに相手の掲示板に夢幻が書き込んだ内容
上記の書き込みに対しての加害者からの返信
上とは別に加害者に送ったメール
上のメールへの加害者からの返信
NAVERへ送ったメール・一通目
NAVERからの返信
NAVERからの返信に対する返信

その後(4月その後から現在までで、この問題に関連して起こったこと)

以下二つは、18日のあとに追記した文章です。

進展はないのですが、こんな同盟を教えて貰ったので追記。
コピペでイラストまで転載できるとかマジありえない。タグ打ち屋への嫌がらせか。とりあえず必見。

---05/03/29

一ヶ月経ちましたがNAVERから音沙汰がないのでメールを再送信しました。
また、本日、D.Gray-manジャンルの創作物をすべて撤去いたしました。

---05/04/18

この後から、2006年二月まで「幻城之館」の更新はストップしました。

その間に、(六月)NAVERはCURURUと名前を変えて新サービスを始めました。
内容は前のままですが、以前に在ったHTML丸写しコピペ機能などがなくなり、少し状態は改善したようです。
とは言っても、関連サイトを覗くかぎりでは「少し」であって、完璧な改善ではないとか。
また、私のイラストを転載した加害者のブログの更新は徐々になくなり、現在はどこへ行ったのか解らない状態になっています。彼女はもうネットで何かすることを辞めてしまったのでしょうか。それとも、別の場所でまだ何かをしているのでしょうか。それは、前と同じように転載なのでしょうか。

私はその後、この問題に関連して著作権を勉強したり、転載防止技術を学んでみたりしましたが、次第に疲れを感じるようになり、ついには二次創作を辞めてしまいました。
それどころか一時はほぼネット落ち状態となり、自宅のネット回線が重くなったことも影響して、以前のように頻繁にネットへ行くこともなくなりました。
時期を同じくして相方だった天城とも疎遠になり、全く連絡を取り合わないようになってしまいました。

しかしその後、新たに出会った友達と色んな話をしたり、新しいジャンルに触れてみたり、大規模なイベントに行ってみたりして、徐々に二次創作もいいかなという気分になりました。
そして現在(2006年2月)、再び、「幻城」を復活させてみようかなと思い立ち、現在に至っています。

夢幻光月の個人的な思い(長文です)

長文になったため別ページにしました。
読んでいってくださる方は下のリンクよりどうぞ。

事件から一年を迎えるに当たって
※なんだか仰々しいタイトルになってしまった…。

関連サイト、お世話になった方々

この一年間、本当に色々な方に迷惑をかけました。
また、沢山のサイト様の手助けを得て、色んな事を知ることができました。
本当に、感謝してもしてもし足りないです。

後日偶然チャットすることができた、通報を下さった某様。本当に有難うございました。
そして、常にメッセで相談に乗ってくれたひさか柳さん。マジで色々ありがとう。
愚痴ったりして困らせてしまった友人のゆっさん。本当にごめんね、助かりました。
そして、煩く著作権を語った上で時には巻き込んでしまった学校の友達たち、本当にありがとう。
NAVERブログの無断転載対処マニュアル様。(現在は改名して「CURURUの〜」となっておられます)
CURURU(旧NAVERブログ)による同人サイトイラスト無断転載に関する反対同盟 D-NAVER様。
何も分からなかった私を導いてくださって有難うございました。

まだまだ言い足りないことはありますが、これにてひとまずまとめとしたいと思います。

2006/02/06 夢幻光月

※注意書き※

このページ、及び下層htmlファイルへのリンクは自由です。
画像にリンクを張っても良いですけど出所は明示してください。直リンクを含めた転載は禁止です。

サイト名はなし。必要なら「050316」でお願いします。
バナーはないのでテキストリンク推奨。


(閉鎖済み)旧「幻城之館」へ戻る − 夢幻光月個人(新)「幻城之館」へ戻る