幻城之館

送ったメール、返ってきた返信など

事件発覚後すぐに相手の掲示板に夢幻が書き込んだ内容

※当時は知識が浅かったので、二次創作イラストに対して「著作権」発言をしています

夢幻
2005/03/17 01:06

はじめまして、D.Gray-Manのファンサイトをしている者です。

私のサイトのえつらん者さまから、あなたのサイトで私の絵を転載(ある所で発表されたものを、ほかの場所でそのままのせること)しているという、ほうこくをいただきました。
たしかに私のかいたイラストが、このサイトにのせられています(http://blog.naver.co.jp/makisaki/80001354532)。
絵はすでに、かえてありますので、違ったものが表示されていると思います。

マンガのイラストをかいている人はみんな、そのマンガが大好きで、イラストをかいているのです。
そのイラストは、かいた人それぞれに、たくさんの苦労をし、今までにたくさんの努力をして、できあがったものなのです。一分や一時間で、ぱっとできあがったものではありません。いっしょうけんめい、どんなイラストにしようか考え、色をぬったのです。
それを、自分のサイトのために、ことわりもなく転載するのは、ぜったいにゆるされません。ひとがいっしょうけんめいに作ったものをぬすむのは、どろぼうといっしょです。

「著作権侵害」とは、そういうことです。
じぶんがだいじにつくりあげたものを、ほかのひとに、かってに使われないよう、ものを作った人すべてにある、法律の、権利です。

すぐに、転載しているイラストは消しましょう。
その上で、きちんとあやまってください。あやまってもゆるしてもらえない場合もありますが、それだけのことをあなたはしているのです。

著作権や転載禁止について、私のせつめいではわかりづらいようでしたら、インターネットでしらべれば、そのことについて教えてくれる場所はいくつもあります。きちんと勉強して、それから、ネットを楽しむようにしてください。

プロフィールで小学生とありましたので、ひらがなを多く使った文章にしました。よみにくかったらすみません。

上記の書き込みに対しての加害者からの返信

(返信)
マキ早姫★ : 別に、漢字ばっかりでも、読めるし・・・。
失礼な人ですねぇ・・・。 -- 2005/03/18 17:07

上とは別に加害者に送ったメール

メール(17深夜〜早朝)※件名を控えていませんでした

初めまして。
いきなりですが、あなたのブログに私のD.Gray-manの絵が無断転載されていました。
報告を受けて初めて知りましたが、怒りを抑えることが出来ません。
既に他の方からも警告を受けているようですが、私からも申し上げます。
無断転載は絶対にダメです。著作権は制作者誰もに発生する自動的な権利です。
あなたは直リンクで転載を行っていますが、このことは、相手サイトに大きな負担をかけることはご存じですか?
負担をかけすぎると警告を受け、場合によってはサイト閉鎖させられることもあります。
あなたが綺麗なイラストを掲載したいと直リンクをすることは、その綺麗なイラストを作り上げる沢山の人から、そのイラスト発表の場を失わせることにつながっているのです。
直リンクは絶対にやってはいけません。もちろん、無断転載も絶対にやってはいけません。
多くの方がこの事を知れば、今よりもっと多くの苦情や警告がやってくることになります。
汚い言葉を書き込まれたり、批判されたりして、楽しいですか?
そうなる前に転載はやめて、二度とこんなことはしないとサイトで文章にして誓って下さい。
それではこれで失礼します。

上のメールへの加害者からの返信

(返信)
件名:すいませんでした
消されていただきます。
本当にもうしわけありません。

NAVERへ送ったメール・一通目

※これもまた、二次創作の著作権についての認識不足から妙な発言をしています。

社宛メール(17深夜〜早朝)

私の描いたイラストが、貴社のサービスを利用して作られたブログで、直リンクでの無断転載をされています。
(http://blog.naver.co.jp/makisaki.do)
私は、自分のWebサイト上で閲覧者から報告を頂き、そのブログで転載状況を確認したのですが、画像自体はおろか、画像を展示するために使っていたタグまでもが無断引用される始末です。また、転用されているのは私だけではなく、ざっと十人ほどの方が被害を受けているように思われました。
掲示板と、ミニメールで警告を行いましたが、貴社にも私の憤りをお伝えしたく、メール致しております。
相手は小学生のようですし、十分に常識を知らないままにこのような事態を引き起こしたのだと察しますが、私は、貴社に事前に更なる対処を取っていただきたかったです。
ブログサービストップページにて著作権保護に関する警告がなされていることは承知しておりますが、あれを何人のサービス利用者が興味を持って読んだのか、疑問を感じる次第です。
著作権について、さらに厳しくサービス利用者へ理解を促して頂きたく思います。

問題のブログについては、まだ制作者からの返事も頂けていませんし(まともな返事が返ってくるのか疑問ではありますが)、即刻ID削除などはせず、制作者本人の口から、私を含め、イラストを転載された沢山の方へと謝辞を述べて頂きたいと考えています。
転載された画像は商業漫画の二次創作のイラスト及び漫画ですので、訴訟など法的手段に訴えることは躊躇われますが、状況が悪化すればやむを得ないと思っております。
私はただ、本人からの謝罪の言葉と、これからこういう被害を無くす為に、貴社が更に行動してくださることを望んでいる次第です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

以上

NAVERからの返信

(返信)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NAVERカスタマーサポートより
【お問合せ番号:7126
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
tenmu@be.versus.jp様
            NAVERカスタマーサポート

いつもNAVERをご利用頂き、誠にありがとうございます。

弊社にて調査させていただきますので、

大変お手数ではございますが下記内容をお伝えください。


・ご連絡を頂いているあなた様のサイトURL

・転載元(画像・イラスト他)のURL

・転載先ブログ記事右上の記事URL

・その他お気付きの点



弊社にて違反行為が確認できた場合、対応させて頂きますので

よろしくお願いいたします。

お問合せありがとうございました。
今後ともNAVERをよろしくお願いいたします。
―――――――――――お問い合わせ内容(原文)――――――――――――
(略)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
※ご不明な点がございましたら、文頭のお問い合せ番号をご記入の上、
  再度お問い合せフォームより送信下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
NHN Japan 株式会社
URL http://www.naver.co.jp/
サポートフォームURL http://www.naver.co.jp/support/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
          無断での転載、転用、複写を禁止します。
        (C)2004 NHN Japan Corp. All Rights Reserved.

NAVERからの返信に対する返信

(再返信)
問合せ番号:7126

返信を有難うございました。
問い合わせフォームから返信すればよいのか、それともメールソフトからの返信で構わないのか判断が出来ませんでしたので、メールソフトからの返信と致しました。
(注:その後メールソフトでの送信が不可だったので、ママ文章をフォームより送信)

・ご連絡を頂いているあなた様のサイトURL
http://tenmu.verus.jp/

・転載元(画像・イラスト他)のURL
http://tenmu.versus.jp/pic/dg1.html
(イラストの展示ページ)
※下ブログの記事と合わせますと、ページソースなどがそのままコピーされていることが、
ご理解頂けると思います。
htmlソースもある程度までは著作権の保護範囲内となることは、当然ご存じであると思います。
http://tenmu.versus.jp/pic/pic/dg1/1.jpg
http://tenmu.versus.jp/pic/pic/dg1/2.jpg
http://tenmu.versus.jp/pic/pic/dg1/3.jpg
(それぞれ、直リンクによって貴社のブログに転載されていた画像)
※現在は差し替えてありますので、警告画像となっています。

http://tenmu.versus.jp/pic/pic/dg01/1.jpg
http://tenmu.versus.jp/pic/pic/dg01/2.jpg
http://tenmu.versus.jp/pic/pic/dg01/3.jpg
(もともと掲載されていた画像)
※現在は上記画像と差し替えを行い、別フォルダにupして、
私のサイト内に再掲載しております。
上のイラスト展示ページで表示されているのはこちらの画像になります。

・転載先ブログ記事右上の記事URL
http://blog.naver.co.jp/makisaki/80001354532
(現在は記事削除されたようです)
http://tenmu.versus.jp/sansi/pic/dia_pic/050317_1.jpg
(削除される前にとりましたスクリーンショット)
※文字を入れ、緑の線で囲われている部分、画像を合成しております。
http://tenmu.versus.jp/sansi/pic/dia_pic/050317_2.jpg
(タスクバー部分以外未加工画像)

転載された記事が既に削除されておりますが、
私の知人数人に転載されている状態を確認して頂いております。
またあいさつ掲示板の状態をみていただければ解るとおり、
制作者も記事を削除したことを認めています。


・その他お気付きの点
問題のブログでは他にも、ジャニーズやディズニーなどの画像、
また、企業の公式サイトからの画像なども掲載しているようです。
これらは、私たちの描く二時創作画像とは違い、
訴訟されればかならず貴社の責任が問われるところになると考えます。
私は即刻、このような危険な真似をせず、
スクラップ機能そのものを廃止すべきであると考えます。
ジャニーズとディズニーは大変著作権に厳しい企業です。
貴社はこのことについてどうお考えですか。

また、私に頂いたメールですが、
普通、企業が顧客に送るメール、それも、
このように事務連絡をするメールで
htmlメールを使うのは大変道理に反していると考えます。
htmlメールが原因で、ウイルス感染が大量に起きているという事実を、
貴社はご存じないのでしょうか。
中には、htmlメールは受信拒否する方も居ます。
私は幸いにもそうでなかったので貴社からのメールを受け取ることができましたが、
そうでなく、私がウイルス感染防止の為にhtmlメールを受信拒否していたら、
貴社はどうなさるおつもりだったのですか。
htmlメールを断りもなく、このような重大な通信に使うことは、
貴社の姿勢を問われることにもなりかねないと、私は考えます。
これについても是非回答を頂きたく思います。

繰り返しになりますが、私は、ただ、
私の画像が転載されているページが削除されることで、
納得したりはしません。
謝罪の言葉を、当事者(相手ブログ制作者)から頂きたいのです。
現在の所、当事者からそのような姿勢は一度も見えません。
このような利用者が数多く存在するという事実は、
貴社の信用をなくすことへ繋がります。
その旨ご考慮お願いいたします。


以上



※ここまでの文章は全て、私が事件当時にtxtファイルにして保存しておいたものです。
中には現在利用不可能なurlなども混じっています。
また、誤字などもそのままにしてあります。

戻る